忍者ブログ
 
[102]  [101]  [100]  [99]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [89
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

このゲームには、諸々の理由で登場することすらできなかったNPCが存在しています。今回は、彼らをゲーム内に召喚してみました。
 
bostu0101.jpg

「Rodiniaさん、時間ありますか?」
「あるけど、何?」
「Imperial City内のどこかにいる、とある人達4人ほどから話を聞いて来て欲しいんですよ。私は忙しくて行けそうにないので、変わりに行ってもらえませんか?報酬はヴィンテージワインでどうです?」

 
※記事の性質上、ネタバレやメタ視点が含まれますので注意

bostu0102.jpg
 
「報酬に釣られて請け負ったはいいけれど、Imperial Cityったって広いしなぁ。」
「酒でも飲みながらのんびり探そっと。」

bostu0103.jpg

「ん?あの後ろの人は・・・。」
後ろをMarket Districtでは見覚えのない男がうろうろしていた。
 
bostu0104.jpg
 
「ちょっといいかな?」

bostu0105.jpg

「何か?」
男は答えた。
彼はRis Fralmotonと言う名のImperialの男性であり、固有のDialog等は持っていない。
Lvは4、クラスはOstler。Ostlerとは要するに馬の世話をする人のことだ。

彼の所持品は安い服装一式と少しばかりの所持金、そしてBit and Bridle Key。この鍵はMarket Districtの宝石店Red Diamond Jewelryの鍵と同じものであり、店主のHamlof Red-Toothも同じものを所持している。

彼の生活はごく単純で、所定位置の近辺で昼食と夕食をとり、深夜には寝る。それ以外は付近をブラブラすると言うAIを持っている。また、"MQ16MartialLaw"のAI Packageを持っている。これについては後ほど別の項で詳しく解説する。

FactionはIC Citizensの他、IC -- Bit and Bridleと言うFactionに属している。これもまたHamlof Red-Toothの属しているFactionであり、Red Diamond JewelryにはRis Fralmotonが所有しているはずのチェストが存在している。
このチェスト内には、Chameleon 25pts、Drain Strength 10pts、Drain Endurance 5pts、Fortify Sneak 5pts、Fortify Security 5pts、Feather 100ptsの効果を持った、"Spectre Ring"と言う固有の指輪が入っている。しかしこれはCollision外に設置された隠しチェストであり、本来は商人NPCの商品格納に利用されるものだ。
これは単なる所有者情報の設定ミスであるか、彼がこの店の商人になるはずだったキャラクターであることを窺うことができる。しかしRis Fralmotonは商売を行えるAIは持っていなく、クラスも商売が不可能なクラスであるため、憶測に過ぎない。

これらのことから、Hamlofの同居人になる予定だったか、もしくはRed Diamond Jewelryの店主がRisになるはずだったのを途中でHamlofに変更したのではないかと思われる。





「よし、次は・・・。あのArgonianも見覚えがないな。」

bostu0106.jpg
 
「聞きたいことがあるんだけど。」

bostu0107.jpg

「俺はBlackwood Companyの暗殺の達人、Oleed-Eiだ。」
このArgonianの彼はOleed-Eiと言い、Blackwood Company所属、Lv20のAssassinだ。
グリーブ以外の皮装備とSteel Short Sword、安めの服と少しばかりの金を所持している。

AIは全く設定されておらず、典型的といえば典型的なボツキャラである。
FactionはBlackwood CompanyとLeyawiin Citizensに属している。

「無論、暗殺術など使い道はない。だから代わりに私はエージェントたちを鍛え、あらゆる隠密行動を教えることを仕事にしている。」
・・・ボツられちゃったけどね。





「さて、どんどん行こう。」

bostu0108.jpg

bostu0109.jpg

「私はCurtis。特別な所など一つもないただの人間さ。」
Curtisは少し悲しげに言った。彼はRedguardの一般的な市民のようだ。
Lvは4で、クラスはCommonerである。Commonerとは一般人のこと。

「九柱神は私たちそれぞれが特別であると言っている。だがそれは全くの嘘だ。私は気にしないが、まったくばかげて聞こえるな。」


彼の所持品は一式の服と少しの所持金、Curtis' House Key。(ただし、この鍵で開けられる自宅は存在しない。)

FactionはCheydinhal Citizens、IC Citizens、Eight Cities Couriers Customersの3つに属している。Eight Cities Couriers Customersはボツクエストに関連するFactionであるようだ。

彼のAI Packageはボツキャラとは思えないほどに複雑に構成されている。
夜は家で寝て過ごし、朝になると6時から食事を始める。その後、平日にはMarket Districtをふらついて昼まで過ごし、Feed Bagで昼食を取り、曜日によってTemple Districtで散歩したりArboretumでサービスを提供する。(ただし、彼は"Commoner"であり、何かを売ったりスキルを教えたり鍛冶を行うことはできず、サービスを行うことはできない。これはあくまでPackageの使いまわしだと思われる。)その後、火曜日のみTemple Districtに向かう。
また、土日にもAIが設定されていて、土曜日に朝8時から4時間、日曜日に昼12時から4時間Temple Districtに滞在する。
それ以外の時間は基本的に自宅にいるようだ。

そして、より上位のAIにはクエスト関連のAIとCheydinhal関連のAIが登録されている。
Cheydinhal関連AIの一つはCheydinhal聖堂をうろつくAIで、もう一つは毎月12日の昼からCheydinhalのNewlands Lodgeに向かい、そこで25時間うろつくAI。
Cheydinhal聖堂関連のAIは毎日朝8時から4時間となっているが、Conditionsが設定されていて、Newlands LodgeかCheydinhal聖堂にいるときのみ有効なAIであるので、実質的には毎月13日の朝8時から4時間Cheydinhal聖堂に滞在すると言うことになる。

残りはクエスト関連のAIで、そのうち一つはRis Fralmotonの項で挙げた、"MQ16MartialLaw"と言う、"Separated at Birth"(Jemane兄弟を会わせるクエスト)に関連するAIで、Guilbert JemaneがChorrolへ向かい始めてからクエストが終了するまでの間、キャラクターの所定位置に走って戻ると言うAI。Guilbert JemaneがCheydinhalからChorrolへ移動してる間、他のキャラクターが道中でぶつかったりして妨害してしまうのを防ぐためだろうか?このPackageは他にも数え切れないほど沢山のNPCに流用されている。
もう一つはCurtis固有のAIで、Bravil宿屋店主のGilgondorinが死んでいない場合、Black Horse Courierの事務所で毎月30日の昼12時から5時間、NPCを探すと言うAI。これも、先程挙げたボツクエストの名残と思われる。

これらの要素から、CurtisはImperial Cityの一般的な市民となる予定だったキャラクターなのではないか。
恐らく家を配置する場所が足りなくなったか、ボツクエストのボツ時に同時削除されたキャラクターではないかと考えられる。





「次の人で最後だな。」

bostu0110.jpg

bostu0111.jpg

Lurio Maeniusと名乗るこのImperialの男性は、Lv4のCommonerだ。
所持品は安めの服一式、少しばかりの所持金、Iron DaggerにMatthias' House Key。

AIは所定位置から動かぬまま静止するAIのみが設定されている。
FactionはIC CitizensとMatthias Draconis Factionに属している。

「私の名前はLurio Maeniusと言います。Matthias Draconisと一緒に住んでいて彼の個人的な護衛をするのが仕事です。」
ここがちょっと変なところで、ゲーム内ではMatthias Draconisは逆にUmbacanoの護衛をしている側の人間である。当初の設定がボツになったのかもしれない。

「もし何も急いで探していないのなら、私は冒険で運試しをするだろうな。友人たちはSkingradの西の方にはたくさんの洞窟と遺跡があると言っているね。」
しかし、残念ながら彼が冒険に行ける日は訪れなかった。









bostu0112.jpg
 
「・・・今回の記事で出てきた人達にすごくシンパシーを感じるんですけど。」
「・・・Anolis・・・。」

 


ボツられた理由がよく分からないキャラもいますね。
因みに、TNR(Tamriel NPCs Revamped)を入れてるとボツキャラも顔立ちが変更されるみたいです。この記事のキャラはTNRを適用したものです。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Adress
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
そういえばCS弄ってると
NPCとかダンジョンとか
既存の物で使われていないものが
結構ありますね
興味深い記事でした。
タミネコ 2009/05/12(Tue)22:25:55 Edit
無題
NPCだけでなく、CS内見てみると謎の未使用機能が続々と出てくるんですよね。
バグか何かで意図的に使用しなかったのか、存在そのものを忘れてたのか分かりませんが・・・
この機能使ってたら、あのシーンもっと面白い演出ができたんじゃないの?みたいなのも結構あります。

でも、こういう点は個人的には、今後のBethesdaのRPGに可能性を感じる理由の一つでもありますね。
イマイチ何考えてるのかまでは分からないけど、とにかくやりたいことがきっちり定まってるんだろうなと。
手羽先 2009/05/13(Wed)00:19:24 Edit
無題
メタという言葉で括っていいのかどうか。
こんな詳細なデータが潜んでたとは・・・それを発掘する自演さんもすごいですがw

自分にゃCSなんて高等技術使えませんが
普通にプレイしてても「?」ってなる部分はチラホラ見かけますね。

Infested Mineに一個だけあるHistの空き瓶とか
Fort Schiniaにある名前付きの骨とか
見つける度に妄想膨らましましたが、なにかしらの
クエストの残骸だったんでしょうかね?これだからオブリはやめられんw

Anolis、泣いていい・・・お前は今、泣いていいんだ・・・ッ!
ハイ、ハンカチ>( ゚Д゚)っ◇
Adoring 名無し 2009/05/18(Mon)04:01:25 Edit
無題
単なるボツネタの名残であっても、見せ方によってはその世界で起き得る事件の片鱗でもあるんですよね
ゲームって能動的なメディアである側面が大きいので、こういうの大切にして欲しいなと思います
他にも、UESPのEaster Eggsのページにクエストの元ネタの話とかがあったりして面白いです
そのうち翻訳とかやりたいけど英語力が(ry
手羽先 2009/05/18(Mon)21:11:40 Edit
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
手羽先
性別:
非公開
最新CM
[02/13 普通のプレイヤー]
[02/02 手羽先]
[01/29 熱狂的ファン]
[11/30 手羽先]
[11/26 熱狂的ファン]
[09/06 手羽先]
[09/06 Ike]
カウンター
バーコード
最新TB
アクセス解析
忍者ブログ   [PR]