忍者ブログ
 
[70]  [68]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [58]  [57
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Lucien01.jpg

この男に関しては、まだまだ資料が足りないな・・・。

 



Lucien.jpg
"I speak for the Night Mother."


※記事の性質上、ネタバレやメタ視点が含まれますので注意

この国において、凶悪な犯罪がごく日常茶飯事のことになっている。
しかし、それらの多くは、ほんの一部の組織に属した人間による犯行でしかない。
その組織のうちの一つがこの「Dark Brotherhood」と言う組織。

Lucien02.jpg
 
「今度は何の仕事ですか。」
「Adamus Phillida隊長が不在の間に、今ある資料をまとめておこうと思って。」
「Dark Brotherhoodと言えば、Adamus隊長が追いかけている組織ですね・・・。」
 
Lucien03.jpg

Dark Brotherhoodは軍にとって強大な敵ではないかもしれない。
しかしこう言った組織はどんなに取り締まろうと、その次の組織が代わりに生まれるだけだろう。帝国に住む人々も、心の底でそれを望んでいるのかもしれない。

もしも我々が取り締まりを強化すれば、犯行はより深く綿密になり、組織の面々はより市民生活へ器用に潜むようになるだろう。
そうなれば、いざと言うときに対処が難しくなる。

現在のDark Brotherhoodによる犯行の杜撰さや、目的そのものより自己主張に注力するようなその性向を考えれば、このまま泳がせておいた方が良いとすら言えるかもしれない。
たとえば帝国元老院の面々が命を狙われたとして、これをDark Brotherhoodから防ぐことは現状ならばそう難しくはないだろう。

重要なのは取り締まりそのものではないのかもしれない。
一体、どう言った人々がどう言った経緯で殺人を犯し、徒党を組むに至るのか・・・。

Lucien04.jpg

「このLucien Lachanceと言う人物から手をつけてみるか・・・。」

これらは必ずしも事実を書き連ねていると言うわけではなく、あくまで存在している情報からの推察であることをご理解願います。
考証の時系列や視点がバラバラなのは、まぁお察しください。





LucienPort.jpg
▼ キャラクターデータ ▼

Lv : 30 Class : Assassin
Health : 194 Magicka : 250
Race : Imperial Gender : Male
Str : 81 Int : 100 Wil : 67 Agi : 100
Spd : 75 End : 76 Luc : 50 Per : 50
Location : Fort Farragut Responsibility : 0
Faction : Dark Brotherhood、Undead Faction、Creature Faction



能力などを見る限り、彼は腕利きの暗殺者のようだ。
以前に比べ、組織自体の影響力や規模に陰りが見られるものの、Dark Brotherhood内においてトップクラスの戦闘技術を持ち、暗殺者としてのキャリアは数十年に達するものと見られる。



まず彼の年齢だが、推定で30代から40歳前後と見られる。
(CS内では44歳として扱われている。)

Dark Brotherhoodにおける彼の立場は、Black Handと呼ばれる組織指令部のSpeakerと呼ばれるクラスであり、殺人そのものよりも、部下への指令などを行う地位にいるようだ。

暗殺者となった経緯などに関しては明かされておらず、謎の多い人物である。


彼がこの悪名高い組織に加入した時期は定かではないが、「Traitor's Diary」と言う日記には、Mathieu Bellamontの幼少期にLucienが暗殺者として活動していたことを示すような記述がある。

Mathieu Bellamontの年齢がどれほどかは不明であるが、Lucienと然程年齢差は見られない(CS内では46歳で、Lucienより年上)ため、Lucienは若い頃既にDark Brotherhoodの一員であったのかもしれない。
もっとも、Mathieuが年齢の割に幼児的であった可能性もあるため一概には言えない。



彼の住居についてはCheydinhal近郊の廃砦にそれらしき部屋が存在している。
内部はアンデッドやトラップによって堅く守られており、保存された毒物などの数々は彼の用心深さを伺うことができる。

しかし、彼は少なくとも暗殺任務外においてこれらを携えている様子はなく、その警戒心はやや稚拙にも見える。



また、彼の人物像を見て取ることができるのが、その独特の言い回しだ。

余裕を見せつけつつ、間接的にこけおどしのような表現を好んで使う傾向がある。
率直に言ってしまえば、このTamrielにおけるDark Brotherhoodの影響力の強さを傘に着ていると評することができ、その発言にはあまり説得力や論理性と言ったものは見られない。

彼は組織から自身が狙われ始めたことを知った途端、豹変し、今まで見せていた余裕はなくなる。組織を知っているがための恐怖とも言えるが、今まで見せていた余裕の方も、組織の一員であることから来る肥大化した自信だったのかもしれない。



以上の事から、彼は非常に高い能力を持ち、Dark Brotherhoodの中でも頭一つ抜けた人物であると言える反面、どこか不安定さを感じさせる人物であるとも言えそうだ。


噂によれば彼は殺人を犯した者の元に現れ、組織への加入を勧めてくるという。
仮にも殺人者である相手の前で、ろくな準備もせず揚々と喋る彼の様子は、この国の一般市民にとっては恐怖の存在でしかないことだろう。

しかしDark Brotherhoodなど知りもしない余所者には、恰好の餌食に映り得るだろう。

彼が驕りに足をすくわれる日はそう遠くないかもしれない。


執筆 : Alcinous
 
Lucienend.jpg
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Adress
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
設定厨にはたまらん記事ですね。
Dark Brotherhoodという記号が通用する世界において
ハッタリの使い方を心得てるとも言えるのかな。
175175 2009/04/13(Mon)22:21:48 Edit
無題
彼は直接的にはそう言っていなくても、Cheydinhal聖域のメンバー達と違って暗殺業があまり好きではないのかもしれないですね。
組織を「金で動く冷酷な殺人鬼」と言っていた記憶がありますし、彼自身、快楽殺人鬼ではないんでしょう。
そういう人間にとってはハッタリも確実に生き残って行く上では重要なんじゃないかな。エリマキトカゲが襟を広げるような感じと言うか。
もっとも、ハッタリに慣れ過ぎて本分を忘れてしまっているようですが・・・。
手羽先 2009/04/13(Mon)23:02:09 Edit
無題
自演さんはいい仕事をしますなあ

長期間、組織のトップに居座り続けたが故に
自分が特別だと勘違いしちまったんだろうか。
リアルでもそのテの集団のトップはネジが2、3本飛んでたりしますしw
闇の一党もある種、宗教みたいなもんですよね。
Adoring 名無し 2009/04/14(Tue)00:40:40 Edit
無題
いい記事ですね
ルシエンもまさか
人外に足元をすくわれる結果になると
思っていなかったでしょうな。
Adoring 名無し 2009/04/14(Tue)16:58:12 Edit
無題
>リアルでもそのテの集団のトップはネジが2、3本飛んでたりしますしw
リアルスクゥーマキメてたりしますしね!

>人外に足元をすくわれる結果になると
しかも見せ場のお喋りも台無しというね・・・
ルシエン成仏できるかな
手羽先 2009/04/14(Tue)21:16:28 Edit
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
手羽先
性別:
非公開
最新CM
[02/13 普通のプレイヤー]
[02/02 手羽先]
[01/29 熱狂的ファン]
[11/30 手羽先]
[11/26 熱狂的ファン]
[09/06 手羽先]
[09/06 Ike]
カウンター
バーコード
最新TB
アクセス解析
忍者ブログ   [PR]